上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
はいはい拍手ss08にござい。

交換すると更新がざっくりざくざくできてうれしいね。





「More」で本編。








てゐ、香霖堂にて。(連続短編・吾輩は、霖之助であるよりキャラ引き継ぎ)






「よーぅ、霖公」

からん、と入口の鈴を鳴らして幸運の素兎が来店してきた。

「やぁ、てゐ。いらっしゃい」

「なんだなんだ、ずいぶんな接客じゃないかー?」

「そうかい?」

そこでようやく、僕は本を閉じて素兎を見る。

「常連客には馴れ馴れしくするといい、っていったのはどこの誰だったかな」

「あー…」

扉にひじをたてて寄りかかり、頭を支える格好を見せる素兎。

「馴れ馴れしくと自然体って…別物じゃない…?」

「ふむ、やはりそうかな」

「ああ、そうさね」

数秒、考えてみる。


ならば…


「…今日は、何をお求めかな」

「んんん…」

その言葉に考え込む素兎。

「…今日は、がついてるから…50点かな」

「マイナス評価なのかい?」

「いや、とんでもない」

にやり、と口をゆがめる素兎。

「プラス評価さね」

「それは、それは」

「不服かいっ?」

やたらとまぶしく笑う常連客に、否定するすべをもっているわけもなく。

「…とんでもない」

口をゆがみ返しながら、そう答えていた。




スポンサーサイト
 
Comment






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
プロフィール

しのざき

Author:しのざき
東方・霖之助ssを中心に。

本が好物。古本屋とか個人雑貨屋の匂いでも幸せ。お勧めの本とかあればぜひ紹介してください。お願いします。

※メール&メッセは「die_sutelne at mark hotmail.com」
at markを直して送っていただければ、反応できる内容には反応させていただきます。

※twitterID:haru_shinozaki

※リクエストはむーりよ。

※リンクフリーです。

※柱リンクでは敬称を略させていただいております。



お、押してほしくなんかないんだからねっ。 てれっ。

カテゴリー
リンク
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。